新型コロナワクチンを接種した場合における授業欠席の取扱いについて

2022.04.05
在学生向け

1.ワクチン接種により授業を欠席した場合、その日は授業に出席すべき日には数えないこととします。
また、ワクチン接種によると思われる発熱・体調不良等により授業を欠席した場合は、接種した当日を含め3日以内は授業に出席すべき日には数えません。

2.ワクチン接種により授業を欠席した場合は、接種後3日以内に授業担当の先生にメールで報告をしてください(【メールでの報告内容】参照)。
なお、発熱・体調不良等の場合は、3日以内に軽快すれば次の日から登校可とします。

3.ワクチン接種後、4日以上発熱・体調不良が続く場合は感染を疑い、これまでの《行動ガイドライン》に従ってください。

 

【メールでの報告内容】(2、3の場合)
(件 名)ワクチン接種による授業欠席の報告
(本 文)学生番号、氏名、授業科目名、接種日、発熱・体調不良等の場合はその症状等を記載してください。
(添付するもの)ワクチンを接種したことが証明できるものの写真

※接種後3日を経過して報告した場合や、報告がない場合は、欠席となることがあります。
※メールでの報告は、授業担当の先生へそれぞれ個別に送付してください。

関連ニュース