新着情報

ホーム > 新着情報 > 2021年卒生の就活が本格化。気になる就職環境は・・・!?

共通のお知らせ

2021年卒生の就活が本格化。気になる就職環境は・・・!?

2020.06.10

 緊急事態宣言発令中の5月8日の朝、報道よりも一足早く、ANAグループから2021年度入社に向けた採用活動を一時中断するとの連絡が入り、キャリアセンターに衝撃が走りました。そして5月27日の夕方、後を追うように、今度はJALグループからも同様の知らせがあり、二重の痛手を被る形となりました。両グループといえば、メガバンクが採用数を急激に減らすなか、本学にとって最大の就職先といってよく、この度の採用活動中断による影響の大きさは計り知れないものがあります。

 一方、本学の2020年卒生の就職率は、5学科全体で98.7%を記録。前年(98.8%)並みの好結果となりました。果たして、新型コロナウイルス感染症拡大を機に潮目は変わり、6年続いたといわれる「売り手市場」は終わりを迎えるのでしょうか。就職情報会社のディスコが5月に実施した企業調査によれば、2021年卒生の就職環境について、「もともと売り手市場で、その傾向は変わらない」(47.7%)、「売り手市場から買い手市場に変化してきている」(50.5%)が拮抗、見方が二分する結果となっています。一方、同社による同時期の学生調査では、 「売り手市場から買い手市場に変化してきている」が7割(70.2%)に及び、危機感をもつ学生の方が市場の変化を強く感じとっていることが分かります。

 キャリアセンターでは、オンラインでのキャリアカウンセラー面談、模擬面接に加え、元NHKキャスターの非常勤講師によるWEB面接の個別指導も行っています。2021年卒生の皆さんには、置かれている状況を過度に悲観することなく、キャリアセンターが提供する各種サポートを活用し確実に力をつけ、少しでも満足度の高い就活になるよう頑張っていただきたいと思います。

キャリアセンターで相談できること
キャリアセンター
開室
時間
月~金曜日
8:50~18:30
※授業期間中

就職活動に関する疑問や悩み、インターンシップ、進学など何でも ご相談ください。