学校法人 神戸女学院 Kobe College Foundation

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

女性活躍推進法に基づく行動計画

本学院における女性の活躍に関する状況は、同法に基づく基礎項目において、すべて国が定める基準を上回っているが、さらに女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

2016.4.1~2021.3.31までの5年間

本学の課題

平均すると残業時間は少ないが、職員の一定数は長時間残業が恒常化している。

目標と取組内容・実施時期

目標1 全職員の残業時間を年180時間以内にする。

(取組内容)2016年4月~

  • 業務分掌の適正化を図る。
  • 業務の一層の効率化を図る。

目標2 女性活躍推進法による基礎項目について、引続き国の基準値を維持する。

(取組内容)2016年4月~

  • 次の基礎項目について国の基準を維持する。
  1. 採用した労働者に占める女性労働者の割合
  2. 男女の平均継続勤務年数の差異
  3. 労働者の各月ごとの平均残業時間数等の労働時間の状況
  4. 管理職に占める女性労働者の割合

ページの先頭へ